TOP概要>達成目標・成果等(事業説明)
   

本プログラムは、七つの力(キャリアデザイン力、リフレクション力、コミュニケーション力、チームワーク力、プレゼンテーション力、外国語運用力、地域貢献力)を基軸として「就業力」を身に付けさせ、より幅の広い人材養成を目指すものです。このため、キャリア教育科目の拡充、短期海外チャレンジ研修及び中山間地域での実地体験活動等を試みることにより、国内企業等及び海外で活躍する人材や中山間地などの地域振興で活躍する人材を養成します。

 本取組の目標は、取組概要に記載の七つの力を身に付けさせ、社会貢献度の高い就職・就業に向けた自己の意識に明確につながること及び自己効力感の向上の反映として離職率の低下につながるようにすることです。学生には七つの力を基軸とした就業力を期待するレベルまで身に付けた卒業生が、@満足度の高い就職が行えたか、A生涯にわたって自らが望むキャリア形成を行えたか、B現在の職場に十分貢献できているか、C海外・地域貢献マインドを活かせているか、そしてD現在の生活全般に充実感を得られているかについて、成果や効果を定量的・定性的に測定しつつ、キャリア教育プログラムによる就業力の修得度の向上を図るものです。