TOP就業力育成特別教育プログラム

  


  「キャリア総合力育成コース」では、社会人生活に役立つ汎用的な力を身につけることを目的としています。キャリア形成に加えて、グローバルマインドや地域貢献マインドについても醸成することができます。履修生自らが選択することにより自らの「就業力」を育成します。


 下記に定める通り、所定の科目の履修と、正課外教育への参加が必要です。
授業科目(13単位)
正課外教育(ガイダンス/ビビットポイント)
●選択必須科目A(6単位)
  別表に定める科目から3科目を選択。
 
●選択必須科目B(3単位)
  以下いずれかを選択。
なお、「就業体験(インターンシップ)」は教育学部は免除。
・「就業体験」(インターンシップ)1単位
・「ビジネスマネジメント」または「ビジネススキル入門」2単位
・「中山間地域フィールド演習」3単位
 
●選択科目(4単位)
  別表に定める科目から2科目を選択。
ただし、選択必須A、Bについて所定の単位数を超えて取得した場合には、選択科目に振り替えることができる。
●キャリアガイダンス(2回)
  所定のガイダンスを2回受講すること。
 
●就職ガイダンス(6回)
  所定のガイダンスを6回受講すること。
※ガイダンスの詳細は、2019年度キャリア(就職)ガイダンス予定を参照。
 
●ビビットポイント(累計700ポイント)
  所定の活動に参加し、累計700ポイントを取得すること。
  ※上記のポイントには、キャリアガイダンス及び就職ガイ
  ダンス8回480P(2Hの場合)を含む。
  ※入学時の付与ポイント100Pは除きます。
 

※選択必修Aは、キャリア形成を目的とした科目群です。
※選択科目には、グローバルマインド醸成科目群と地域貢献マインド醸成科目群があります。